FC2ブログ

ゴジラ 

 

こんにちは、リハビリ辻です。

「吉田選手銀メダルおめでとう」や、「藤春選手やっちゃたね」等オリンピック関係の話題をブログに書こうかと思いましたが今回は「ゴジラ」です。

今、上映中の庵野秀明監督「シン・ゴジラ」
二年前にハリウッド版ゴジラ通称ギャレゴジを観た際も
ここのブログに書いたと思いますのでその続きですね。
ギャレゴジは興業収入30億円のヒット作でした。
楽しく観させてもらいましたが、今の若者にはゴジラの魅力が
伝わらないのか来ていた観客も平均年齢が高めでしたね。
だから今回は失礼ながらここまでヒットするとは思えなかった。

邦画、怪獣、特撮で今の若者が楽しめる作品を作り出すのは難しい。
好きなもの同士が楽しむ身内だけのお祭り映画になると思っていました。
だから、余裕ぶって「後で観たらいいわ」ぐらいの軽い気持ちで上映日をやり過ごしていました。
ところが、数日経つとネット上が騒がしい…
予想以上の書き込みで不注意にもネタバレを踏んでしまった…
これ以上ネタバレは見たくないと急いで映画館へ観に行きました。

感想は、「ゴジラ怖い」
お馴染みの熱線を吐くシーンもいつもなら「お、やれやれー」ですが、
今回は「誰がそこまでしろと言った」でしたね。
ゴジラが第一作目から持つメッセージを
強く印象付けられた作品だったと思います。
若者にも3.11後の日本を体験した事で、
この映画に既視感を覚えられたのではないでしょうか。

若者に支持のある庵野監督を映画会社東宝は悩んだ末の起用だったのでしょう。
アニメーション分野出身の監督を実写映画に起用するのは
何かと弊害があるようですが、私たちは面白い作品を観るのを楽しみにしています。

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top